未来への責任 常陸太田市議会議員 平山晶邦(ひらやま まさくに)

ブログ

常陸太田市に関する話題や、地方自治行政の話、近況などをお伝えします。

第7回 議会報告(3) 合併してからの7年間で、 那珂市よりも750億円も多い予算を 常陸太田市は使ってきました

近隣で人口が同程度の那珂市と24年度の予算で比べてみましょう

全国住みよさランキング 常陸太田市761位、那珂市127位、常陸太田市の街づくりは、これで十分といえるのでしょうか?

現役世代の人口流出にともない市税が減収し、3年後には国からの地方交付税特例措置が終わります。近い将来、これまでと同じ行政サービスを受けることができなくなります

24年に使う予算は、那珂市は一般会計予算170億円ですが、常陸太田市は239億円で、70億円近く多く使うことになります。特別会計まで合わせると、1年間に那珂市より100億円以上多くの予算を使っています。これは24年度に限ったことではなく、合併してから、那珂市よりも毎年100億円以上多く、7年間で750億円以上の予算を使ってきました。

24年3月議会において、「本市からの転出の8割は近隣6市村との間での移動となっており、さらにその中の6割が20〜30歳代の方の移動となっている」と市の答弁にあった通り、多くの予算を使ってきた割には、那珂市より若者世代に魅力のある街となっていないのが現実です。若者の人口流出が止まりません。常陸太田市の街づくりは現状のままで良いのでしょうか。

市道の整備にしても、県内で最低の舗装整備率になっています。今まで、学校や公共施設の耐震化が遅れていたのも事実です。

常陸太田市は、合併した時点で里美や水府、金砂郷が貰っていた交付税を、10年間はそのまま貰うことができる合併特例措置によって、通常よりも約20億円多い予算を組んできました。

しかし、3年後の平成27年には、その地方交付税の特例措置も終わります。

23年12月議会の中で、特例措置が終わった場合についての私の質問に対して、市は、「行政サービスの見直しに着手せざるを得ない」という答弁をしています。

市の財政が厳しくなり、市民の皆さんが受けている行政サービスが、今後は受けられなくなることが予想されます。国や県が財政危機に陥っている状況では、那珂市よりも人口が少なくなった常陸太田市が、これからも継続して100億円も多い予算を組んで行くことができるとは思えません。

私は市議会議員として、常陸太田市の財政問題を、これからも厳しくチェックしていきたいと考えています。

市議会報告 第7回 議会報告 2012年3月(PDF)

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES